HOME>Webで「浦和法人会」>サクセスストーリー

会員サービス 会員企業紹介 新入会員紹介 一般公開イベント 浦和法人会とは

相談サービス

webで「浦和法人会」 入会のお勧め 税について知りたい! インターネットセミナー 暮らしの項目 リンク


サクセスストーリー
なぜ?浦和与野の不思議
健康と食事
駅から散歩
テーマで楽しむSAITAMAあっちこっち
バックナンバー「法人浦和」
講演会要約
なぜ?浦和与野の不思議
■造幣局東京支局が、東京都豊島区から、さいたま新都心に移転、さいたま支局(博物館)を開設したワケ
 
■JR浦和駅周辺の激戦地「前地通り商店会」が元気なワケ
 
■『高砂』『常盤』のおめでたい町名のわけ
 
■なぜ北浦和が、「サツマイモ」それも「紅赤」が全国てきに有名な産地になったのか。
 
■なぜ日本では珍しいと言われている「楷の木」が埼玉県庁の東玄関前の庭に植えられているのか
 
■なぜさいたま市南区のバス停に「二十三夜」という地名らしからぬ地名があるのか
 
■なぜ「氷川女体神社」(さいたま市緑区三室)は、「大宮氷川神社ー中山神社」を結ぶ「光の道」線上に位置しているのか
 
■なぜ旧浦和市のなかで、創業240年の歴史を誇る「蔵元・内木酒造」が、唯一残ったのか
 
■なぜさいたま市立高砂小学校の長い塀は、「浦和市章付の瓦屋根に白壁」なのか
 
■なぜ縄文時代の丸木舟が、さいたま市浦和区の西方、中央区大戸の南鴻沼遺跡で発見されたのか
 
■なぜさいたま市立別所公民館の介護予防事業・高齢者学級は「一本杉学級」と名づけられたのか
 
■なぜ田島氷川社の「田島の獅子舞」が、西堀氷川神社で舞ったのか
 
■なぜ公園整備が進められた別所沼で「掻い掘り」なのか
 
■なぜ埼玉県都さいたま市に「浦和競馬場」がつくられたのか
 

■本当は中山道「浦和坂」なのに「焼米坂」が有名
 
■なぜ与野本町に庶民信仰「七福神」設けられたワケ
 
■なぜうなぎの名産地でないのに浦和は「うなぎの町」
 
■文教都市なのに二宮金次郎像が建っている小学校が少ない
 
■戦前、学校にあった奉安殿が神社で現存
 
■海なし埼玉県の県都「浦和」に海の記憶
 
■「栄和公民館」外壁のレリーフ
 
■中央区役所玄関東側に「三人の胸像」
 
■中山道沿いに「県立医学校跡」
 
■常盤公園の老木「伽羅の木」
 
■壮大な夢の名残りの「橋台」
 
■埼玉県立浦和高校浦和第一女子高校
 
■与野の大ケヤキ
 
■調神社
 
■玉蔵院
 
■隠れた歴史スポット清泰寺(せいたいじ)
 
■天才詩人・立原道造が夢見た別荘「ヒアシンスハウス」
 


Thanks For coming to our WebSite! Copyright(C) 2004 Urawa0Hojinkai All rights reserved